トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド

【子どもの治療ガイド】お子さまの歯並びでお悩みの方へ

「うちの子はどうやら、受け口みたい......」「上の前歯が出ているので、口を閉じられず、いつも前歯が見えている」――お子さまの歯並びについてお悩みのご家族の方はいませんか?悪い噛み合わせをそのままにしておくと、実は将来にたくさんのリスクを抱え込むことになります。

子どもの治療ガイド

お子さまが生涯にわたって健康的な生活を過ごすために、治療効果の高い子ども時代に、矯正歯科治療を受けることをお勧めしています。このページでは、子どもの矯正治療の良くある質問についてご解答します。

【ムーシールド】小さなお子さんの受け口でお悩みなら

ムーシールドムーシールドとは、3歳くらいからの受け口の治療に対応できる矯正装置です。アクリル樹脂でできたマウスピース状の器具で、夜寝ている間に口に入れておくだけで効果を発揮します。

取り外しができるため、装置装着のわずらわしさがありません。もし、「この子の噛み合わせは逆なのでは?」とお考えなら、お気軽にご相談ください。

ムーシールド症例

子どもの矯正を始めるタイミングとは?

子どもの治療ガイド一般的には6歳から7歳、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期に、顎の変形が強いケースなどでは幼児のうちに一度ご来院をお勧めしています。理想的には成長上にアンバランスの芽が出始めたころから何らかの対策を講じた方が良いと言えるでしょう。

とはいえ、顔が一人ひとり異なるように、歯や顎、そして心の成長はお子さまによって千差万別です。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さまもいれば、実際にはしばらく成長を待ってから始めたほうが良いお子さまもいます。

ただひとついえることは、骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後・10年後には不調和がさらに大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。
もし、お子さまの歯並びが気になるようでしたら、なるべく早めに矯正専門医院を訪ねてみることをお勧めいたします。

指しゃぶりなどが歯並びに影響すると聞いたのですが......

指しゃぶりなどが歯並びに影響すると聞いたのですが......物を飲みこむときに舌を突き出し、歯を押すような癖(舌癖:ぜつへき)や、指しゃぶりなどの癖は、歯並びに悪い影響を与える場合があります。これらの悪習慣のせいで、開咬(前歯が開いている)や上顎前突(いわゆる出っ歯)あるいは反対咬合(受け口)といった悪い歯並びになりかけているお子さまは少なくありません。

こうしたお子さまには、矯正装着の他に、MFT(筋機能療法)とよばれる口の周りの筋肉のトレーニング方法をアドバイスします。MFTでは、舌、口唇および顔面の筋肉を強くしてバランスを良くし、正しく機能させることができます。実際、矯正装置を付けなくともMFTのみで、歯並びがある程度改善するケースもあります。

歯並びが悪いお子さまの中で、こうした癖が見られるお子さまをお持ちの親御さまは、ぜひ一度当クリニックまでご相談にお越しください。お子さまに合った効果的なトレーニング方法をアドバイスさせていただきます。

筋機能療法(MFT)

子どもの矯正の流れを教えてください

子どもの矯正の場合、はじめからワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく分けて、ふたつのステップに分かれます。


ステップ1/第1期治療
この時期は、永久歯の萌出するスペースを作りったり、歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼす噛み合わせの改善を行い、順調な顎の成長や歯の生え変わりを誘導していきます。

第1期治療で理想的な結果が得られれば、第2期治療までいかずに治療が終了。期間が短くなり、費用もかさみません。また第2期治療へ進む場合でも、永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高くなります。

ステップ2/第2期治療
ワイヤー矯正のことです。上下すべての歯にブラケットを装着し、歯のねじれや歯並びを整えて完全な咬合に仕上げる治療となります。※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由院長の技術力見えない矯正装置非抜歯矯正を目指す
痛みの少ない治療筋機能療法(MFT)部分矯正治療の期間・流れ
矯正中の虫歯予防安心の料金体系保険適応の矯正について症例紹介
あなたはどのタイプ?子供の矯正ガイドよくあるご質問患者さんの声

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド


コールバック予約