痛みへの取り組み-岩手・盛岡の矯正歯科なら「やすの矯正歯科クリニック」

高い技術でスピーディに治療します。岩手・盛岡の矯正歯科なら当医院にご相談ください。

019-622-3877

平日・土曜 10:00~13:00/14:30~19:00
第2・4日曜 10:00~14:00
【休診日】木曜、第1・3日曜、祝日

平日・土曜 10:00~13:00/14:30~19:00
第2・4日曜 10:00~14:00
【休診日】木曜、第1・3日曜、祝日

痛みへの取り組み

痛みへの取り組み

「痛そう」「怖い」という理由で矯正をためらっていませんか?確かに初めて歯列矯正装置を装着した患者さんの中には、「歯が浮いたような感じがする」「食べ物が歯に当たると痛い」など、痛みを感じる方もいらっしゃいます。

そこで当クリニックではできるだけ痛みを出にくいよう、絶妙な加減で装置を調整。また、痛みが出にくい最新装置を用いることで、治療中の不快感を減らしています。「痛みが怖い」といって矯正治療をためらっている方は、ぜひ当クリニックまでご相談ください。

痛みを減らすための取り組み

【セルフライゲーション矯正】痛みの出にくい最新式の装置

セルフライゲーション矯正従来のブラケットより歯が早く動き、かつ痛みが少ないといわれています。セルフライゲーション矯正である「クリアスナップ」「デーモンブラケット」は、歯をひっぱるワイヤーと歯に固定するブラケットとの間に摩擦が発生にくく、弱い力をかけ続けられる画期的な装置です。

<セルフライゲーション矯正の特徴>
・摩擦が少ないので弱い力で歯が動かせる
・治療期間が短縮し、治療中の痛みが軽減
・毎回の調節時間が短縮できる

金属部品を使わず、接着剤で装置を固定

接着剤で装置を固定従来の矯正治療では、「矯正用バンド」とよばれる「ベルト」のような金属の部品を奥歯に装着することで、矯正装置を固定していました。

しかし、このバンドが口の中の粘膜を刺激し、口の中の痛みや不快感を引き起こしていました。また、汚れが溜まる場所ができ、虫歯になりやすいといったデメリットもありました。

そこで当クリニックでは「矯正用バンド」を使わず、特殊な接着剤を使用し、矯正器具を直接歯に接着し、固定。装置の装着時や撤去時に痛み・不快感を大幅に軽減しています。