トップへ » 当院が選ばれる理由 » 筋機能療法(MFT) » どのような練習をするのですか?

どのような練習をするのですか?

口の筋肉のどの働きがうまくいっていないかによって練習方法が異なります。

食べ物を飲みこむときに舌を上下の歯の間にはさむ癖を持っている方にはガムを用いた咀嚼トレーニングを行っています。また、お口があいていることが多い方の場合は唇の筋肉の力が弱いことが考えられますので、唇の周囲の筋肉のトレーニングを行います。舌が低い位置にある方は舌を持ち上げるトレーニングを勧めています。

食べ物の飲みこみ方や普段の舌の位置、口を閉じる習慣などはいったん身についてしまうとなかなか直すことが難しいものです。せっかく矯正治療で良い噛み合わせに治しても、これらの癖がそのままだとまた噛み合わせが悪くなることがあります。気づいたときが良い機会です。トレーニングをして良い習慣を身につけましょう。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 筋機能療法(MFT) » どのような練習をするのですか?


コールバック予約