トップへ » 当院が選ばれる理由 » 見えない矯正装置

「治療中の見た目が気になる」という方へ

「仕事上、矯正装置を付けられない」「装置を付けるのが恥ずかしい」「他人に知られないで矯正したい」と悩んでいませんか。今まで、矯正治療を受けることを考える方にとってネックになっていたのは、金属や透明の装置が外側から目立つということでした。

「治療中の見た目が気になる」という方へ

どうぞご安心ください。今や医療技術が進歩し、次々と目立たない矯正装置が開発されています。このページでは、目立たない矯正装置についてご説明します。

【透明な審美ブラケット】歯となじむ。透明の矯正装置
【裏側・舌側(ぜっそく)矯正】歯の裏側に付ける矯正装置
【インビザライン】透明なマウスピース型の矯正装置

 

【透明な審美ブラケット】歯となじむ。透明の矯正装置

透明な審美ブラケット従来の矯正治療では、あの"ギラギラ"とした金属製の装置が主流でした。
しかし近年、金属を透明で目立ちにくい素材に変更した、新しい矯正装置が登場しています。

この装置は「審美ブラケット」とよばれ、歯に装着するパーツが透明な特殊プラスチックでできているため、歯とよくなじみ、目立ちにくいのが特徴です。さらに、この装置に白いワイヤーを組み合わせることで、さらに目立たなくなります。
 

【裏側・舌側(ぜっそく)矯正】歯の裏側に付ける矯正装置

裏側・舌側(ぜっそく)矯正歯並びをキレイにしたいけど歯の表側に装置が見えるのがイヤだ、と矯正を敬遠している方は多いのではないでしょうか。そこでお勧めなのが、歯の裏側に装置を付けて歯並びをキレイにする、舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正です。

装置を付けたときの顔の印象がまったく変わらないため、最近では多くの患者さんが利用し始めています。なかには、「家族でさえも打ち明けるまで気づかなかった」という患者さんもいるほどです。また、営業や接客業など人前に立つ仕事に就いている方も安心して矯正にトライできます。ただ、治療の期間が少し長引く場合もある、費用が比較的割高であるといったデメリットもあります。

当クリニックでは小型化され違和感の少ない「セルフライゲーションタイプ」とよばれる裏側矯正装置を使用しています。これにより、今まで裏側矯正のデメリットだった「しゃべりにくい」「比較的治療期間が長引く」ということが大幅に改善されました。
 

【インビザライン】透明なマウスピース型の矯正装置

インビザライン歯に直接固定する装置では会話や食事のときなど、どうしても異物感が生じてしまいました。また、ブラッシングがしにくく虫歯になりやすいといったデメリットがあるのも事実です。そこでお勧めしたいのが、インビザラインとよばれる透明な取り外しができる矯正装置です。

この装置を、ご自宅にいるとき、通勤中などに装着することで、少しずつ歯を動かしていきます。この装置の最大のメリットは、装置を歯に固定させる必要がないということ。人前では取り外しておくことができるので、治療していることが他人に気づかれることはほぼないでしょう。また、食事やブラッシング中は装置を取り外せるため、普段と同じように生活ができます。

しかしその分、取り外しができるため患者さんの意志が強くなければ効果がないといったデメリットがあります。加えて、対応できる症例が限られているため、患者さんによってはこの装置での治療が難しいケースもあります。一度ご相談にいらしていただければ、ハッキリとした結論をご提案できるかと存じます。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由院長の技術力見えない矯正装置非抜歯矯正を目指す
痛みの少ない治療筋機能療法(MFT)部分矯正治療の期間・流れ
矯正中の虫歯予防安心の料金体系保険適応の矯正について症例紹介
あなたはどのタイプ?子供の矯正ガイドよくあるご質問患者さんの声

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 見えない矯正装置


コールバック予約